バイクの持込査定で売却するなら、おすすめの店舗はどこだ?

持ち込まれたバイク訳あってバイクを降りる方、他の欲しいバイクが見つかって買い換える方。

どちらにしても大切な愛車を少しでも高く買取ってもらえたら…という気持ちに変わりはないはずである。

そんな場合、ネットやスマホから簡単に出張査定を申し込める便利なバイク買取の専門店に依頼する方が大多数かと思うが、中には従来の中古バイク販売店に自分で持込む!といったこだわりのユーザーさんもいるはずだ。

たしかに出張査定のバイク買取…ネット上の一部では評判の悪い店舗も少なくない。

もし査定額に納得できない場合でも居座って帰らないといった噂や都市伝説を@VANTIも頻繁に耳にする。

こういった煩わしい思いをするならば、いっその事、自分で選んだバイク販売店に愛車を乗りつけて査定した方が変なストレスもかからない…と言えなくもない。

そこで今回はバイクの持込査定でおすすめのの店舗、逆に持ち込んではいけない店舗について説明しておきたい。

Click→すぐにおすすめの売却先を知りたいかたはこちら

 

ユーザーさん別、持込査定すべきおすすめの店舗

バイク売却は非常にシンプルだが、そう甘いものでもない。

手っ取り早く、おすすめの売却先を知りたいユーザーさんもいるかと思うが、まずは誰にとってもおすすめの店舗など存在しない…という部分を理解しておいてもらいたい。

平たくいえば、売却する車種や状態が違えば持込むべき店舗も違うものだし、持込むユーザーさんが違えば持込むべき店舗も違う…ということだ。

管理人の@VANTIとしても、少しでも有益な情報を提供するために、ユーザーさん別でおすすめの持込査定すべき売却先を提案しておきたい。

 

バイク売却歴の豊富なベテラン・ライダーの場合

すでに5台、10台と愛車を乗り継いできた方、その度にバイク買取店や中古バイク販売店を選んで利用してきた方。

こういったベテラン・ライダーさんの場合、基本的に中古バイク販売店での持込査定に絞り込んで持込査定するメリットはほとんど無いわけである。

これだけバイク売却の経験があれば、悩む前に手頃なバイク買取店にスマホから申込んでいる気もするが、もし今回のテーマである持込査定のバイク買取店を絞り込んでみるなら、地元の小さなバイク販売店や個人商店のようなバイク屋さんをお勧めしたい。

こういった小さなバイク販売店の場合、地域密着型の店舗が多く、中には常連客から中古バイクのバックオーダーを抱えているケースも少なくない。そういったニーズに合えば相場以上で買取るケースもある。

また個人商店の場合、業者オークション相場やきっちりとした買取データを参考にせず、感覚的に査定する傾向もある。

この場合、むちゃくちゃ安く査定されるケースもあるが、一方で相場以上で査定してしまうケースも多々ある。

失礼な言い方かもしれないが、年配のオヤジさんが1人で経営している個人商店のバイク屋さんにはこういったケースが多いと感じる。

売却経験の豊富な方なら、多少の相場観はあるはず。

もし持込査定して満足いく査定額がゲットできなければ、それらしい理由をつけて帰ればよいだけの話だ。大手中古バイク販売店と違い、よくも悪くも売却経験の豊富な方向けの売却先といえる。

 

バイク売却経験が数回程度の場合

バイクの売却が初めての方、または数回程度といった不慣れな方であれば、@VANTIとしてはレッドバロンやバイカーズステーション・ソックスといった大手の全国展開している中古バイク販売店の利用をお勧めする。

上述した個人商店や小さなバイク販売店と違い、レッドバロン等の大手バイク販売店は、誰が査定を担当しても適正な査定額が提示できるように、しっかりとした査定マニュアルのようなものが用意してあるのだ。

事細かくバイクの業者オークション相場から、年式、走行距離、人気色かどうか、カスタム具合…といった部分まで採点して評価するので、担当が違っても店舗が変わってもそう査定額に変化はない。

誰が査定しても査定額が変わらない…ということは、誰が持ち込んでも査定額は変わらないという事でもある。

つまりこの手の大手中古バイク販売店の持込査定は、往々にして査定交渉での交渉力や交渉テクニックなどが不要なのである。つまり売却経験の乏しい不慣れなユーザーさんでも足元を見られずらい方法といっても良いかもしれない。

唯一、注意しておくべきは、開催中のキャンペーン情報や、買取強化中の車種といった情報だけ。まあこの辺りも持ち込んでスタッフに聞いてみれば親切に教えてくれるのが持込査定の強みでもある。

まずは大手の中古バイク販売店を2店舗程度、持ち込んでもらいたい。それなりの金額は期待できるかとは思う。

 

持込査定の前におすすめしておきたい愛車売却の下準備

ここまでユーザーさんに合わせた持込査定の売却先を提案してきたが、ところで愛車売却の下準備はすべてすましたのだろうか?

もし週末にでも中古バイク販売店に持ち込んで査定…などと考えているなら、@VANTIの経験からいっても数日前には愛車売却の下準備を済ませておいた方が慌てずに済むかと思う。

やるべき下準備はいろいろあるが、少なくとも愛車の状態をチェックして不具合を確認しておくこと。動かない状態なら動くようにバッテリーや燃料といった部分を確認すること。

そして多少の査定額アップを狙って洗車とワックスアップはやっておきたい。これだけで第一印象に大きな差がでてくる。過去にある店舗の査定スタッフも第一印象でだいたいの査定額は決まってくる…といっていたが嘘では無いだろう。

そして最大の下準備といえば「愛車の取引相場を確認しておくこと」といえる。

この部分、手抜きをしてネット上のデータを参考にする方もいるが、やはり手抜きせずにリアルタイムの取引相場を調べた方が間違いない。

というのもネット上のデータの場合、更新頻度によっては1年以上前の古い取引相場という可能性もある。そうなった場合、実際に被害を被るのは自分なのだ。

もっとも確実にリアルタイムの取引相場を知るなら、バイク買取業者の無料査定を利用するのが何より間違いない。そもそも持込査定の中古バイク販売店よりも買取りに対する本気度も高ければ意欲も違う。

その後に持込査定が控えているとしても、無料の出張査定を受けておいてマイナスとなる部分は何一つ無い。
参考までに載せておくが、以下の@VANTIの定番としている店舗の中から選んでおけば、その後の持込査定の査定額にも良い影響を与えるのは言うまでもないだろう。

Click→持込査定の前に確実に査定しておきたいお勧め店舗