バイク持込査定と出張査定のメリット・デメリットとバイク王ダイレクトの感想

持込査定に向かう大切な愛車を売却するにも、出張査定のバイク買取店舗やレッドバロンのような中古バイク販売店での持込査定という選択肢がある。

いったい、どちらの方が高額査定をゲットできるのだろうか…と悩まれる方も多い。

というか当ページをご覧の方はすでに悩まれているのかもしれないが、結果からいわせてもらえば、そういった議論に答えなど無いと思う。

当サイトでは以下のページでも詳しく解説しているが、バイク売却においてベストな店舗など完全ケースバイケースなのだ。

→持込査定と他の売却先を比較する

人間と人間の相性があるのと同様、バイクと買取側には相性というものがある。

どんなに高額査定と評判の店舗で査定したところで、相性が合わなければ高額査定どころか最低ラインというケースさえある。

つまり愛車の売却先選びとは、愛車と相性の合う店舗を探すことにに他ならないのだ。裏を返せば相性の良い売却先が見つかれば自然と高額査定に落ち着くものだ。

バイク買取店舗でも中古販売店でも愛車と相性の合った売却先であればどちらでも十分な金額で売却できるはずだ。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

バイク買取店舗と中古バイク販売店のメリットとデメリット

当ページのユーザーさんの中には、バイク買取店舗の出張査定とバイク販売店での持込査定のメリット・デメリットを理解されていない方もいるかと思う。

念のため簡単に説明しておこう。

基本的にバイク買取店舗の出張査定とはバイク王やバイクランド、バイクワンといった実店舗を持たずに(拠点はあります)買い取り専門の業者のことである。

実店舗を持たないこれらは、売却手段を持たない。つまり業者オークションに出品することで利益を生み出す。

一方、お馴染みの中古バイク販売店の場合は買取した車両を自分の店舗でメンテナンスして店頭に並べて販売する。基本的に業者オークションを仲介していない。

そこでメリットとデメリットが生じることになる。

バイク買取店舗の場合は、業者オークション相手なので確実に売り捌けるが、売却金額はそれほど高額にはなりえない。

一方、中古バイク販売店の場合は業者オークションでなくエンドユーザーさんに直接の販売が可能である。つまり最終価格で売却できる。

しかし買い手が見つからない場合は在庫になるというリスクもある。ゆえにリスクを考えて査定額が低くなりがちだ。

 

バイク王ダイレクトショップの特徴とお勧めの理由

当サイトではバイク買取店舗、そして中古販売店での持込査定でのメリット、デメリットについて何度も述べてきた。

簡単にいってしまえば、どちらにしても必ずメリットとデメリットという側面があるということだ。

だがここ数年、そういった2つの選択肢とは別の、第三の選択肢も登場したようだ。

これは、ある意味バイク売却先選びのファイナルアンサーといえるかもしれない。

少なくとも先日足を運んだ@VANTIはそう感じたので以下に詳しくまとめておくので参考にしてもらいたい。

 

バイク王ダイレクトショップは買取店と販売店のいいとこどり

バイク買取店舗の場合、売れ残りの心配が不要なのでどんな車種でもある程度の査定額になるのがメリット。

一方、確実に買い手がみつかるような人気車種や定番車種の場合、バイク買取店舗よりも高額査定を提示できるのが中古バイク販売店のメリットなのだ。

そんな両社のメリットだけをいいとこどりしたのが、ここ数年、バイク買取業界でも話題のバイク王ダイレクトをはじめとしたバイク買取店舗の直営店舗だといえるかもしれない。

先日、管理人の@VANTIも足を運んだバイク王ダイレクトを例にすれば、このバイク王ダイレクトに持ち込まれたバイクの大半は、バイク王の買取部門が、全国各地で買取した車両ばかりなのだ。

基本的に業者オークションに放出する車両が多いものの、中には業者オークションよりも自社で売却した方が確実に利益の大きな車両もでてくる。

またユーザーさんからすれば、業者オークションを経由して各バイク販売店に並んだ車両よりも何割か安く購入できるというメリットもある。つまり買取側、購入側にとってウィンウィンな関係である。

とはいえ、車種やジャンルによってはダイレクトショップで売れ残るような場合も多々ある。そんな場合は業者オークションに出品すればいいので不良在庫という心配もない。

つまり車種やジャンルによって販売ルートを選べるので、どんな車種や状態でも積極的に買取できるのが最大のメリットといえるだろう。

 

バイク王ダイレクトの査定額は?

相談そんなバイク王ダイレクトが気になった管理人の@VANTIは、先日郊外にできたバイク王ダイレクトに足を運んで様子をみてきた。

写真を見ていただければお分かりだと思うが、看板にバイク王という文字がなければ、正直、買取専門店のバイク王の店舗だとは思えないほどしっかりとしたバイクショップである。

よくあるバイク買取店舗の拠点のようなちっぽけな店舗でなく、レッドバロン級の大型販売店に近いものだ。

そして店頭に並べられた中古バイクを物色したが、ジャンルに若干の偏りこそみられたが、車体価格は一般的な中古バイク販売店よりもやや安いように感じられた。

これは自社で買取した車両を自社で点検・整備して直営店で販売しているからだと思われる。

そして気になる買取時の査定額についてもせっかくなのでお伝えしておきたい。

正直なところすぐに手放す予定でもないが、長期的に考えて売却するであろうカワサキのW400で乗り付けたこともあって、そのままW400を査定してもらったが、決して安い査定額ではなかった。むしろ@VANTIの想像以上の査定額に若干驚かされたのが本音である。

もちろんすぐに売却する予定でない事も、売却の際は他の店舗でも査定をうける趣旨も伝えたが、査定担当のメカニックの方も嫌な顔ひとつせず感じよく査定を済ませてくらた。非常に好感のもてるスタッフだった。

もちろん今回のW400に関しては、その他のバイク買取店舗では査定を受けていないので何ともいえないが、おそらくそう安い査定額ではないはず。

基本的に買取マニュアル等は同じはずなので、もし愛車を売却したいけど出張査定は気が引ける…という場合、気軽に持ち込めるこの手のダイレクトショップは非常に有効な手段といえるだろう。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧