レッドバロンやソックスに持込んで査定額が安い理由とは

持ち込まれたバイク大切に乗ってきた愛車だからこそ冷静に判断できない場合もある…これはバイク売却においてありがちな話だ。

本人としては惚れ込んで購入した大事なバイクである。もちろん大切にメンテナンスも続けてきたので年式の割に程度も良好…。

そんな場合、実際に提示される査定額以上を期待してガックリするオーナーさんも多いようである。

GooBikeなんかで愛車の中古販売価格などを参考にし、勝手に査定額を想像しているオーナーさんも実際に査定の現場では多くみられる。

だが往々にして、売却先の査定額はずっと安いのが現実だ。

そもそもオーナーさんの愛着がどれほどあろうが査定にはさほど影響するものではない。実際に査定額に影響するのは愛車の年式や状態、人気や中古市場でのニーズや希少性…その他の部分で決まるのだ。

残念ながら、単純に本人が考えているほどの価値が無かっただけの話である。少々厳しい言い方になってしまうが、売却先もボランティアではない…当然の判断だといえる。それが嫌なら高額な売却先をみつけるしか打開策はない。

 

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

レッドバロンやソックスに持込んで査定額が安かった場合の対処法

Motorcyclesそういった事情を考えても、レッドバロンやソックスに持込んだものの、思ったような査定額を提示されなかった…とガックリするケースも普通のことかもしれない。

上述したように、レッドバロンやソックスで買取後、店頭で販売する最終的な価格から利益や諸経費を差し引いたのが査定額である。残念ながら最終的な販売価格が予想より安かった…と諦めて売却するのも悪くはないかと思う。

だがレッドバロンやソックスに持込査定する前に、充分にリサーチや下準備は行なったのだろうか?愛車の取引相場を調べて臨んだのだろうか?

もしこういった一連の下準備を行なった上で査定額が安かったのなら、査定額を素直に受け入れるべきだろうが、下準備を怠っていたのなら話は別だ。

そもそもレッドバロンやソックスの持込査定で提示された査定額も怪しいものだ。どのバイク店でも下準備無しで持ち込まれた場合は高額査定など不可能に近い。

そうでなくとも査定額の厳しいレッドバロンやソックスの持込査定だ。持ち込む前にしっかりと戦闘準備をすべきなのはバイク買取業界では周知の事実である。

もしレッドバロンやソックスで安い査定額を提示された場合、一度冷静に持込前の下準備と、やずべき行動を見つめ直してもらいたい。必要であれば仕切り直してもう一度持ち込むことも覚悟してもらいたい。

 

バイク店に持込査定の前にやるべき2つの下準備

売却前の下準備当サイトではこの部分に関して何度か説明しているので、詳しくは個別ページで確認してもらうとして、ここでは簡単に持込査定前の流れを述べるにとどめたい。

まず、レッドバロンやソックスを検討しているしていないは別として、愛車を売却することが決定した時点でやるべき事は愛車の状態の把握とメンテ、そしてバイク買取店の無料査定の申込み。この2つである。

いくら愛車に愛着があろうとも大切なのはバイクの状態。本当に愛着のあるオーナーさんの場合は常日頃からメンテナンスが施されているので不要だが、念の為にもう一度愛車の状態を見直してもらいたい。

そこで出費の無い不具合はすべて潰しておきたい。もちろん部品交換やショップに持ち込むような修理は必要ないが、最低限、査定当日にエンジンがかかり吹け上がりや異音の確認ができるようにしておく。これは基本である。

次はバイク買取店の無料の出張査定の申込み、この部分も意外と最終的な査定額に影響を与えるので手を抜いてはいけない。

申込む売却先については@VANTIがあれこれ説明する気はないが、査定相場を知るための出張査定という目的なら大手の知名度のあるバイク買取店から選んでおきたい。

というのも、その後に他の売却先で持込査定した場合、査定スタッフやメカニックに与える影響がまったく違うからである。

中小の無名なバイク買取店の査定額には反応しないメカニックも、さすがにバイク王やバイクランド、バイクワン…といった有名バイク買取店の査定額を持ち出されたら無視はできない。場合によっては利益度外視で上乗せするケースもありうる。

他にも細かい下準備はあるが、@VANTIとしては最低限、上記の2つの下準備くらいは行なってからバイク販売店に持込んでもらいたいと考えている。
click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

レッドバロンやソックスのキャンペーンも活用する

レッドバロンのキャンペーン最後に補足的なことを少し説明しておくと、レッドバロンやソックスでは常時キャンペーンを実施しているので、そういったキャンペーン内容を事前にリサーチして把握しておくことも肝心なことだろう。

例えばレッドバロンなら「他社の査定額より3万円アップ」というキャンペーンが常時実施中のようである。平たくいえば「バイク買取店の査定額よりに3万上乗せします」といったキャンペーンという意味である。

バイク王を始めとした大手のバイク買取店によって、これまで持ち込まれていた中古バイクが激減したレッドバロンが対抗策として始めたの由来なようである。

もちろん、こういったキャンペーンを活用できれば予想以上に高額な査定額になるケースもある。キャンペーンの名目上、他社で査定しなければ利用できないものだが、せっかくなら事前に幾つかのバイク買取店で査定を受けておきたいところだ。

もしキャンペーンを利用する方は、最高額の査定をしたバイク買取店の査定スタッフに名刺をいただいておくか、査定票をもらっておくように。何らかの証拠が無いことにはレッドバロンも上乗せできないはずである。

一方、バイカーズステーション・ソックスの場合は@VANTIの知る限りフェアトレード80といったもの。これはソックスで販売中の同車種の車両価格の80%で査定するといった新しい試みだ。

正直、だから高額査定になるのか…というと微妙な気もするが、最低限、持込む前にどの程度の金額なのかという判断材料くらいにはなるはず。当然ながら車両の状態によって大幅に減額もあるのであまり期待はしない方が良いというのが@VANTIの見解ではあるが…。