バイク持込査定の前にやっておくべき準備と用意

準備中のバイク

細かい部分はこれからゆっくりと各ページで説明していきますが、まず持込査定で売却する場合、バイクに関する準備と書類や手続き上の準備ってあります。

その部分はまず売却が決まったらすぐに準備しておくといいかもしれませんね。以下に書く準備方法をご紹介しておきます。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

手続きや書類の準備

これに関しては個人売買やネットオークションでの取引じゃないんで、実は大した準備は必要ありません。バイク屋さんに持込査定の場合に限っていえば「バイクの登録書類(車検証)」「自分の身分証明書」「できれば印鑑(無くても可)」ってところでしょうか。

ケース・バイ・ケースで他人のバイクや、名義変更されていない名義人の違うバイクになると、別途それに応じた書類が必要となってきます。

 

バイクの準備

普段から洗車が趣味の人の人っていますよね?もう乗っている時間よりも洗車して眺めているのが趣味ってタイプ。

…そーいった人ならとくに準備する必要ありませんね、多分キレイな状態だしメンテナンスも行き届いているでしょうから。

逆に乗ったら乗りっぱなしという人、バイクなんて乗ってなんぼだから、動きゃいいんだよ!ってタイプ。こーいった方はね、まずバイクを洗車して愛車の状態をチェックしながら各部を磨いてあげるといいでしょうね。

まず洗車によって各部の排気漏れやオイルの滲み、外装であればカウルやタンクの小さな塗装の剥がれといった部分に気がつくはずです。

それ、そのまま放っておいたまま持込査定したらどうなると思います??

まず間違いなく減額ポイントとして査定額から思いっきりマイナスされちゃうんです。もうバイク販売店のメカニックやバイク買取店の出張査定スタッフは、そーいった部分を探すプロなんです。

少し言い方が悪くなっちゃいますが「そーいった減額ポイントをいかに多く発見して、それっぽく減額できるかどうか」が優秀な査定スタッフかどうかの違いなんですね(爆)

 

いかに減額される部分を減らしておくか…

ですからそーいった減額ポイントになる原因は未然に取り除くこと。もちろん磨いてキレイになる方が少なくとも外装関係の評価はアップします、それにファースト・インプレッションもいいでしょうからワックス等で磨く余裕があればやっとくと意外と印象いいかと思いますよ。

で、修理や部品交換が必要な不具合もあるかと思います。それについては他のページに詳しく載せておきまが、大きな費用がかかる部分は思い切ってスルーしちゃうのも手です。

バイクの車種別の売却方法はこちらのサイトを参考にしてください→バイク売るならどこ?バイク買取情報局

 

 

持込査定の最大の準備は、相場を知っておくこと

レッドバロンの店舗でこここから本題に入ります。バイク持込査定でもっとも大切な準備や用意について。

ここまで説明してきた、バイク売却の書類や手続きの準備、そしてバイクの状態を洗車しながらチェックして不具合を改善しておくこと。

まあこれらも大切な準備といいえば準備ですが、やっぱり高額で売却したいんだったら持込んで査定する売却先選びだったり、持込査定の前に他の売却先で参考までに軽く査定しておくことが大切なんです。

…簡単にいえば高く査定してくれる売却先に持込むこと。

そして交渉時に比較対象を用意して査定額を上げるために、事前に他の売却先でザックリと査定しておくこと。

 

相場を知らなきゃ査定スタッフにも不純な気持ちが…

普通に考えれば分かるでしょうが、比較対象といえる査定額の無いお客さんに、バイク販売店のメカニックもわざわざ高額査定なんてするはずありません。

…顔はニコニコしていいても、心の中では「この人、愛車の相場とか知んなそーだから思いきって相場の半値くらいでいってもイケんじゃね??」とか確実に考えてますからね(爆)

なのでそーいったメカニックに不純な気持ちを起こさないようにも、比較対象となる査定額を用意して持込査定するのが基本中の基本。まあ最低1社では査定しておきましょうね。

余裕があれば2つ3つで査定しちゃってもいーんです、無料なんだから。

個人的にはバイクを持込査定で売却するときの、もっとも査定額を効率よく上げる方法がこの部分かなあと実感してますね。

というか無料の査定を受けておくだけで持込査定の時に5万、10万簡単に上がることあるので非常にコスパの高い方法というわけ。

以下に持込査定の前に査定しておく時に便利な比較対象をゲットする、バイク買取店をまとめているのでぜひ愛車に合った店舗を選んで無料査定しておくといいかもしれませんね。

あっちなみに自分は交渉には自信あるから大丈夫!って方いますが、バイク買取店の査定スタッフの話じゃ、そーいった交渉が得意そうなお客さんがもっとも買い叩きやすいそーです(笑)

逆にもっとも買い叩けないお客さんは「幾つかの売却先で査定しちゃってて、既に相場を知っているお客さん」ということです、参考までに!

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

バイクを持込査定の前にチェックする具体的な部分とは

持込査定に向かうバイクを持込査定する前にしっかり愛車を洗車、ついでにバイクの状態をチェックしておく事で、無駄に査定時の減額ポイントを減らすことができます… ということはこちらのページで説明しました。

とはいえバイクに詳しい方もいれば、まったく詳しくないって方もいますよね?例えばオイル交換すら自分でやった事の無い方もいれば、普通に自宅でスイングアームとか交換しちゃう人もいるもんです。

そこでバイクに詳しく無い方のために、そーいった持込査定の前に愛車をチェックしておくべきポイントを幾つか選んで紹介しておきますね。

とりあえず持込査定でやっておきたい基本中の基本だけ紹介しておきます。

あっもちろん工具や設備の無い人はやる前にできるかどうか自分で判断して下さいね。下手に自分でやって壊しちゃったりするケースもあるし、怪我しちゃうパターンもあります。

始める前によく考えてから始めてくださいね。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

 

まず動かない状態じゃ高額査定は期待できない

バッテリーチェックというか愛車が動かないって場合もあるかと思いますが、基本的に動かない状態じゃ持込査定そのものが厳しい状態ですよね。

自走できなきゃトラックかトランポのようなワンボックスカーを用意しなきゃバイク屋さんに持ち込めません…なので最低限、エンジンが始動してバイク屋さんまで走行できる状態なのかをチェックしましょう。

で例えばエンジンが始動しない場合、これは乗ってないのが原因であれば十中八九、バッテリー上がりが原因なはず。とりあえず他のバイクがあればブースターケーブルを繋いでエンジンがかかるか確認しておきましょう。

その時に、もしエンジンが始動したなら単純にバッテリーの問題なんで、ガソリンスタンドやバイク販売店で充電してもらうこと。

中古でも何でも交換できれば交換しちゃった方が間違いありませんが、売却予定という場合は充電だけでも問題ないかと。つまりバイク屋さんに持ち込んで査定のタイミングでエンジンが始動できれば問題ありません。

 

エンジンがかからない場合、プラグ不良も!

もしブースターケーブルを繋いでもエンジンが始動しない…その場合は次にスパークプラグを確認しておきましょう。

スパークプラグはエンジンによって1つ~4つあるわけですが、きっと幾つか、もしくは全部のスパークプラグの状態が良くないって可能性あります。

スパークプラグの発火部がカブっている、焦げている、溶けている…といろいろなケースがありますが、もう状態の悪いスパークプラグは交換しちゃった方がいいでしょうね、安いものですから。

スパークプラグを交換してもエンジンが始動しない…その時はキャブレターに異物が詰まっていたり、エンジン内部のピストンや他の部分に問題がある可能性もあります。

残念ながらこんな時は修理して売却してもそれだけ評価されることありませんから、そのまま査定した方がいいかもしれませんね。

もちろんどこまでも自分で修理できる方は自己責任でどうぞ!ただし部品交換に費用がかかるって場合は、やった分だけ高額になることは無いので、費用のかからない範囲というのは忘れずに!

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

外装を中心に洗車して磨き上げる、純正部品に戻すだけでも!

準備中のバイク確かに持込査定の前にバイクの状態を改善しておけば、それだけ減額されずに高額査定になるケースが多いかもしれません。

しかし最悪なのは手間をかけて修理や部品交換を行ったのに、思ったほど査定額が上がらないケースも少くありません。なので経験上、ほどほどに手をかけて持込査定に臨んだほうがいいかなあといった感じもします。

なので下手に修理や部品交換を考えるなら、傷や破損部分は諦めて、外装のカウル類やタンク、ホイール等の足回りをスッキリ綺麗に洗って磨き上げるだけでも十分に印象アップにつながります。

 

やっぱりどノーマルは査定が高くなる!

また、なんだかんだ言ってもカスタムされたバイクよりも、どノーマルのバイクの方が人気があります。ちゃんと純正部品を保管している人は事前に純正部品に戻してどノーマルにできるだけ戻しておく。

それだけでも持ち込まれたバイク販売店からみれば、買取したくなるバイクに近づくというもの。

下手に一部だけ修理してしまうと、その部分だけ浮いてみえるケースもありますよね…そーなると査定スタッフやメカニックとしても大きな事故でも隠しているのでは??と変に勘繰ってくるものです。

なので多少の傷や破損部分はそのままって方が好印象といった場合もあるので、あんまり気にしない方がいいかもしれませんね。

バイクの持込査定で高額で買取してもらうコツ

売却準備はOK!

やっぱり愛車を持込査定で売却するにしても、他の売却方法だとしても、少しでも高額査定で手放すことができれば嬉しいのは皆同じなんです。

けど実際のところ、僕の周りのバイク仲間を含めて約8~9割の方は希望金額よりもずーっと安い査定額で買取られています。つまり納得できる金額じゃないけど、妥協して売却するわけなんですね。

もうね、僕からみれば完全に準備不足なんです。とくに行動力のある人なんか勢いで売却しちゃいますからね…ハッキリいってバイクの売却は勢いだけじゃ絶対に高く売ることなんてできませんから(汗)

やっぱり高く査定してもらうにはコツってあります。コツというか準備というか…まあおさえておくべき幾つかのポイントというべきでしょうか。

逆にそれだけ注意しておけば、相場以下で安く買い叩かれるってケースは回避できるということ。

以下に僕の経験上、気をつけておくべきポイントをまとめておいたのが最低限、以下の内容くらいは確実に抑えておいてくださいね!

 

最初から持込査定に絞らず、他の売却方法も検討する

まあ何らかの考えでバイク屋さんの持込査定を検討されているはずです。

もちろん車種によってはバイク屋さんの持込査定はもっとも適した売却先だと思いますし、手軽に査定に持ち込めるって部分では一番の売却先というのも間違いありません。

しかし車種によっては他の売却先の方がずーっと高額だったり、手間なく簡単に売却できるって事も知っておいた方がいいかもしれません。

今では本当にいろいろな売却方法ってあります。代表的な売却先を考えても大手のバイク買取店。いわゆるバイク王とかバイクワン、バイクランド…といった買取専門の店舗ですね。

はたまたスマホの普及によってインターネットを利用した、ヤフオクみたいなネットオークションも立派なひとつの売却先です。

もちろんそれぞれに得意な車種だったり、高額で売却できる車種なんてものもあるわけです。

で何が言いたいのかというと、つまり最初からバイク屋さんの持込査定に絞って持込んでしまうと、思わぬ高額な売却先を逃してしまう可能性もあるってことです。

各売却先を検討した上で、持込査定を選んでもらいたいという事です。その方がぜーったいに後悔しませんからね。

基本的にはひとつの売却先だけに絞らず、バイク買取店で査定してからバイク屋さんの持込査定、とか持込査定で査定額を知ってからヤフオクに出品…といった感じで幾つかの売却先を比較しながら選んでいくのが失敗しない方法だと思いますよ。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

愛車を綺麗に!そして愛車への愛着を!そしてすぐに売却する事をアピール

愛車を高額で売却したいなら、コツというか上記のポイントは必須事項です。

まず持込査定の前に愛車をしっかり洗車して磨き上げる…そして査定ではこれまで大切に乗ってきたという気持ちをアピール、本当は他のバイクが欲しい人でも査定の時は「本当はまだ乗り続けたいんだけど…」といった気持ちをアピールして役者になりきって下さい(笑)

そしてもっとも大切なのが「査定額しだいではすぐに売却する!」といった売却意欲を見せること…これけっこう査定スタッフからみれば大事な部分です。

というのも例えば査定スタッフの立場になって少し考えてみましょう。

突然、アポ無しで査定に持ち込まれたバイクがあったとします。でそのバイクの状態はというと乗りっぱなしの汚れっぱなし…おまけに排気漏れやらオイル滲みのオンパレード。

でオーナーさんが開口一番「置き場もなくて邪魔なんで買取ってもらえませんか?」どうでしょうか?こんなバイクを本来の査定額の限界の金額で査定したいと思いますか!?

…当然しませんよね(笑)

どうせ大切にされてきたバイクじゃないんだろうし、オーナーさんも邪魔なバイクを処分したいだけ。つまりこちらの言い値で売却しちゃんじゃないだろうか…と考えますよね?

やっぱり査定スタッフやメカニックの中にもそう考える人が多いかと思います。だって少しでも安く買取できれば利益につながりますからね。

 

愛着のあるバイク、手入れの行き届いたバイクは安く査定しづらいもの

売却前の下準備逆にホイールからエンジン周辺、もちろん外装部品までピッカピカに磨き上げられたバイクの場合、バイク屋さんのメカニックやバイク買取店の査定スタッフからみると正直やりづらいものです。

それだけで大切に乗られてきたことが伝わるので安く査定しちゃうと悪いような気がしちゃうもんです。それに「本当はずっと乗り続けたいんですが、どうしても…」といった事いわれるとさらに安くしづらいわけです。

なので愛車の状態や交渉での愛車への愛着を伝えることも、十分に愛車を高額で売却するためのコツのひとつと言えるでしょうね。

あっ、それとすぐに売却するってアピールも肝心。

査定額が高かったら売却したい、とかしばらく検討して売却したいってケースだと、メカニックや査定スタッフの査定のモチベーションが一気に下がります。

モチベーションが下がってしまえば、本当なら引き出せたはずのマックスの査定額は提示されないってわけ。なので例え心の中では多少迷っていたとしても「今日中に売却先を決定したい」といったアピールをした方がぜーったいに高額になります、経験上。

 

交渉材料としてひとつでも多くの無料査定で相場を知る

で最後のポイント、どこに売却するにしても交渉材料をしっかりと用意すること。

というのもバイクの持込査定でも出張買取でも、査定交渉をスムーズに進めようと考えたら何かしら比較対象があった方がいいんです…というか比較対象の査定額が無いと、お互いに牽制しあって無駄に査定に時間がかかる(笑)

もうね査定スタッフやメカニックの方なんてね、査定基準がどうのこうのと言ってますがね、結局のところ他社の提示した査定額にしか興味ないんです!!(爆)

 

やっぱり他店の査定額がもっとも気になるところ

査定スタッフにもよりますが、「今月なんだか買取台数が足りていねえなぁー」と考えていれば他社よりも無理して高額で査定しちゃうんです(笑)

それに仮にバイク王の査定した後に他店で提示した場合「バイク王だけには買取られたくないなぁ」と思えばバイク王に2~3万上乗せして提示しちゃうものです。

なのでやっぱり多少は面倒でもより多くの売却先で査定を受けて、比較するのがもっとも高額になりやすいですね…もうこれは絶対そうです。

ただし注意して欲しいの部分もあります。大手じゃないバイク買取店の中には出張査定は無料っぽいこと言っておきながら買取が成立しないと出張査定の費用を請求する買取店もあるみたいです。

もちろん大手ではそーいったコスいやり方している店舗はありませんので、できればバイク買取店の場合はある程度は知名度の高い店舗にしておくといいかもしれませんね。

以下に僕の十数台を売却してきた経験上、他社に対抗して高額に査定してくれやすいおすすめのバイク買取店をまとめておきました。ご参考までに!

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

バイクの持込査定で売却するなら、おすすめの店舗はどこだ?

持ち込まれたバイク訳あってバイクを降りる方、他の欲しいバイクが見つかって買い換える方。

どちらにしても大切な愛車を少しでも高く買取ってもらえたら…という気持ちに変わりはないはずである。

そんな場合、ネットやスマホから簡単に出張査定を申し込める便利なバイク買取の専門店に依頼する方が大多数かと思うが、中には従来の中古バイク販売店に自分で持込む!といったこだわりのユーザーさんもいるはずだ。

たしかに出張査定のバイク買取…ネット上の一部では評判の悪い店舗も少なくない。

もし査定額に納得できない場合でも居座って帰らないといった噂や都市伝説を@VANTIも頻繁に耳にする。

こういった煩わしい思いをするならば、いっその事、自分で選んだバイク販売店に愛車を乗りつけて査定した方が変なストレスもかからない…と言えなくもない。

そこで今回はバイクの持込査定でおすすめのの店舗、逆に持ち込んではいけない店舗について説明しておきたい。

Click→すぐにおすすめの売却先を知りたいかたはこちら

 

ユーザーさん別、持込査定すべきおすすめの店舗

バイク売却は非常にシンプルだが、そう甘いものでもない。

手っ取り早く、おすすめの売却先を知りたいユーザーさんもいるかと思うが、まずは誰にとってもおすすめの店舗など存在しない…という部分を理解しておいてもらいたい。

平たくいえば、売却する車種や状態が違えば持込むべき店舗も違うものだし、持込むユーザーさんが違えば持込むべき店舗も違う…ということだ。

管理人の@VANTIとしても、少しでも有益な情報を提供するために、ユーザーさん別でおすすめの持込査定すべき売却先を提案しておきたい。

 

バイク売却歴の豊富なベテラン・ライダーの場合

すでに5台、10台と愛車を乗り継いできた方、その度にバイク買取店や中古バイク販売店を選んで利用してきた方。

こういったベテラン・ライダーさんの場合、基本的に中古バイク販売店での持込査定に絞り込んで持込査定するメリットはほとんど無いわけである。

これだけバイク売却の経験があれば、悩む前に手頃なバイク買取店にスマホから申込んでいる気もするが、もし今回のテーマである持込査定のバイク買取店を絞り込んでみるなら、地元の小さなバイク販売店や個人商店のようなバイク屋さんをお勧めしたい。

こういった小さなバイク販売店の場合、地域密着型の店舗が多く、中には常連客から中古バイクのバックオーダーを抱えているケースも少なくない。そういったニーズに合えば相場以上で買取るケースもある。

また個人商店の場合、業者オークション相場やきっちりとした買取データを参考にせず、感覚的に査定する傾向もある。

この場合、むちゃくちゃ安く査定されるケースもあるが、一方で相場以上で査定してしまうケースも多々ある。

失礼な言い方かもしれないが、年配のオヤジさんが1人で経営している個人商店のバイク屋さんにはこういったケースが多いと感じる。

売却経験の豊富な方なら、多少の相場観はあるはず。

もし持込査定して満足いく査定額がゲットできなければ、それらしい理由をつけて帰ればよいだけの話だ。大手中古バイク販売店と違い、よくも悪くも売却経験の豊富な方向けの売却先といえる。

 

バイク売却経験が数回程度の場合

バイクの売却が初めての方、または数回程度といった不慣れな方であれば、@VANTIとしてはレッドバロンやバイカーズステーション・ソックスといった大手の全国展開している中古バイク販売店の利用をお勧めする。

上述した個人商店や小さなバイク販売店と違い、レッドバロン等の大手バイク販売店は、誰が査定を担当しても適正な査定額が提示できるように、しっかりとした査定マニュアルのようなものが用意してあるのだ。

事細かくバイクの業者オークション相場から、年式、走行距離、人気色かどうか、カスタム具合…といった部分まで採点して評価するので、担当が違っても店舗が変わってもそう査定額に変化はない。

誰が査定しても査定額が変わらない…ということは、誰が持ち込んでも査定額は変わらないという事でもある。

つまりこの手の大手中古バイク販売店の持込査定は、往々にして査定交渉での交渉力や交渉テクニックなどが不要なのである。つまり売却経験の乏しい不慣れなユーザーさんでも足元を見られずらい方法といっても良いかもしれない。

唯一、注意しておくべきは、開催中のキャンペーン情報や、買取強化中の車種といった情報だけ。まあこの辺りも持ち込んでスタッフに聞いてみれば親切に教えてくれるのが持込査定の強みでもある。

まずは大手の中古バイク販売店を2店舗程度、持ち込んでもらいたい。それなりの金額は期待できるかとは思う。

 

持込査定の前におすすめしておきたい愛車売却の下準備

ここまでユーザーさんに合わせた持込査定の売却先を提案してきたが、ところで愛車売却の下準備はすべてすましたのだろうか?

もし週末にでも中古バイク販売店に持ち込んで査定…などと考えているなら、@VANTIの経験からいっても数日前には愛車売却の下準備を済ませておいた方が慌てずに済むかと思う。

やるべき下準備はいろいろあるが、少なくとも愛車の状態をチェックして不具合を確認しておくこと。動かない状態なら動くようにバッテリーや燃料といった部分を確認すること。

そして多少の査定額アップを狙って洗車とワックスアップはやっておきたい。これだけで第一印象に大きな差がでてくる。過去にある店舗の査定スタッフも第一印象でだいたいの査定額は決まってくる…といっていたが嘘では無いだろう。

そして最大の下準備といえば「愛車の取引相場を確認しておくこと」といえる。

この部分、手抜きをしてネット上のデータを参考にする方もいるが、やはり手抜きせずにリアルタイムの取引相場を調べた方が間違いない。

というのもネット上のデータの場合、更新頻度によっては1年以上前の古い取引相場という可能性もある。そうなった場合、実際に被害を被るのは自分なのだ。

もっとも確実にリアルタイムの取引相場を知るなら、バイク買取業者の無料査定を利用するのが何より間違いない。そもそも持込査定の中古バイク販売店よりも買取りに対する本気度も高ければ意欲も違う。

その後に持込査定が控えているとしても、無料の出張査定を受けておいてマイナスとなる部分は何一つ無い。
参考までに載せておくが、以下の@VANTIの定番としている店舗の中から選んでおけば、その後の持込査定の査定額にも良い影響を与えるのは言うまでもないだろう。

Click→持込査定の前に確実に査定しておきたいお勧め店舗

バイクの持込査定が安かった!安く査定された場合の対処法まとめ

持込査定大切に乗ってきた愛車だけに、少しでも高額査定で買取ってもらいたい…。

そう考えるのはオーナーさんであれば当然のことではないだろうか?

売却先がどこであれ、大切に乗り続けた愛車を高く評価してもらいたい気持ちは一緒なのだ。もちろん管理人の@VANTIも愛車を売却する時は、その一点に集中している。

しかし一方では、大半のオーナーさんが納得いかない査定額で手放してしまっていることも事実…。簡単にいえばバイク売却はそう甘くない…ということかもしれない。

もちろん当サイトは、そんなバイク乗りの方が少しでも愛車を高く売却できれば…ということを一番の目的としている。

そんな当サイトに先日「バイク持込査定 どこも安かった」という検索ワードを経由してこられた方がいたようだ。

検索ワードからすると、すでに愛車売却のステップに進んだものの、幾つかの店舗で思ったような査定額をゲットできなかった…という感じなのだろう。

そこで今回、こういったユーザーさんへの返答もかねて記事にしておく。ぜひ参考にしてもらいたい。参考までに@VANTIのお勧めの売却先は以下の通りだ。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

いきなり持ち込んで高額査定の店舗など絶対に無い!

Motorcycles残念ながら「バイク持込査定 どこも安かった」という検索ワードだけでは、どういった店舗にどんな車種を持ち込んだのかハッキリしないが、どちらにせよ下準備は済ませたのだろうか?

もし下準備もせずにレッドバロンやソックスのような中古バイク販売店に持ち込んだところで、@VANTIからすれば完全に準備不足の負け戦である。

ハッキリいって100%確実に安く買い叩かれるだろう。

検索ユーザーさんにとって、少々厳しい意見となるが、これがバイク売却の現実なのだ。いきなり思いつきで店舗に持ち込んで高額査定がゲットできるほどバイク売却は甘くないのである。

というのも、これは中古バイク販売店での持込査定の流れを考えてみれば明らか。

そもそも持込査定をメインに扱う中古バイク販売店の場合、持ち込まれたバイクをスタッフやメカニックが仕事の合間に査定することになる。過去に持込査定の経験がある方にはご存知の流れだ。

この場合、中古バイク販売店側としては一切出費が生じないわけである。つまり買取が成立してもしなくても、店舗としては赤字になる要素は無いのだ(正確には査定に費やすメカニックの時間は無駄になるかもしれないが)。

なので当然ながら強気で査定できる。そもそも買取不成立でも痛くも痒くもない状況なのである。

こういった状況下で、なおかつ下準備も無しで持ち込まれたバイクが高額に査定されるだろうか?

まあ普通の中古バイク販売店の場合、十中八九、本来の査定額のいいとこ7~8割程度ではないだろうか…場合によってはそれ以下というケースも普通にあるはずだ。

今回の検索ユーザーさんが「バイク持込査定 どこも安かった」と感じたのは、至って普通の流れ…といえるかもしれない。逆に、いきなり持ち込んで高額査定になるケースこそレアなパターンといえるだろう。(参考ページ レッドバロンやソックスに持込んで査定額が安い理由とは

 

下準備として愛車の中古市場での価値くらいは知っておきたい!

そこで今回のように「バイク持込査定 どこも安かった」とならないために、最低限やっておくべきは、愛車売却の下準備といえる。

そもそも中古バイクを高く売るために必要なポイントは、大きく分ければたったの2つなのだ。こちらの記事、でも伝えているが、「バイク売却の下準備を入念に行うこと」そして「高額になりやすい売却先を選ぶこと」。

この2つだけ注意すれば、まず安く買い叩かれることは無い…と@VANTIは考えている。

この二本柱のひとつ「バイク売却の下準備」を入念に行うことで、中古バイク販売店に持ち込んでも、それなりの査定額はゲットできるはずだ。ここは手を抜かずに最低限、以下の下準備だけでも実践しておくべきだろう。

愛車の販売価格と相場を事前に知る

バイク買取店申込みまずは愛車がどれほどの価値があるのか、中古市場の販売価格をざっくりとでも調べておきたい。

愛車がリアルタイムでどの程度の価値があるのか…という部分を知っておくだけで、査定交渉もスムーズに進むし、相手の査定額がまっとうな金額なのか瞬時に判断できる。

仮に愛車と同年式の状態の似たようなバイクの販売価格が50万円だったとする。だとすれば中古バイク販売店の利益や買取などの諸経費を差し引き、約7~8割が買取相場だと察することができる。

つまりマックスで40万円弱…というのが愛車の適正な買取相場ではないだろうか。もちろん車種やジャンルによっても変わってくるので一概には言えないものの、だいたいはそういった感じである。

つまり、持ち込んだ店舗で15~20万程度と査定された場合、明らか安く買い叩いているワケだ。そういった店舗は信用できないのでさっさと退散した方が身のためである。

 

余裕があれば業者間の買取相場も知っておきたい!

バイク売却先前述のとおり、愛車の販売価格を知っておくだけで、少なくとも安く買い叩いてくる中古バイク販売店を見極めることはできるはずだ。GooBikeや様々な中古バイク販売関連のサイトがあるので、スマホ等で簡単に相場を調べてもらいたい。

だが@VANTIとしては、もう一歩踏み込んで下準備しておくことをお勧めする。

それが愛車のリアルタイムの流通価格を知っておくことである。

業者間での取引相場を直に知っておくことで、持込査定の交渉でも具体的な数字を相手に伝えて交渉を有利に進めることが可能となるのである。

 

では業者間の流通価格を簡単に知るには?

まあやり方はいろいろあるだろうが、もっとも精度の高い情報を求めるならば、無料で出張査定に足を運んでくれるバイク買取の専門店を利用するのが間違いないだろう。

あの手の買取専門店の場合、買取したバイクの大半は業者間オークション経由で販売するためである。つまり業者間の流通価格にもっとも敏感なのが、あの手の買取専門店の査定スタッフなのだ。

残念ながら中古バイク販売店での持込査定の場合、店舗の客層や在庫車両の関係でどうしても査定額にムラがでてしまうのだ。確実に短期間で買い手がみつかるようなバイク以外はどうしても弱気になってしまうのである。

そういった意味でも、在庫しない買取専門店の無料査定を上手く利用しておきたい。バイク買取店は在庫という概念が無いので人気車種も不人気車種も平等にしっかりと査定してくれる。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

つまり愛車の本来の流通価格を知るには、もっとも有効な方法といえるだろう。まあ基本的に持込査定より高額になるケースも多いので、そのまま売却するのも悪くない。

(※こちらの記事も参考にしてください→バイクの持込査定で高い査定額をもらうための下準備

 

バイク持込査定でどこも安いと感じたら…

購入店舗ということでざっくりとまとめてみよう。

  • まずは中古バイク販売サイト等で愛車の販売価格、相場を調べる
  • さらに交渉を有利にするために、いくつかの買取専門店で無料査定を受けてみる

最低でも、中古バイク販売店に持込む前に、上記の下準備は済ませておきたい。

これだけで販売店のメカニックや営業と対等に交渉を進めることが十分に可能なはずだ。

ひと昔前とくらべ、安く買い叩いてくる売却先は減ったものの、買取側としては少しでも安く買取りたい気持ちは、いつの時代も変わるものではない。

となると、知識の乏しいユーザーさんが残念ながらターゲットとなる部分は仕方の無い部分かもしれない。

まあユーザーさんとしては、下準備して知識で武装しておいてマイナスな要素はひとつもない。

むしろ何店舗かで無料の出張査定を受けるだけで、最終的な売却金額が5万も10万も変わるのなら、やっておくべきだし、やらない理由が見つからない…というのが@VANTIの結論といえる。