持込査定と他の売却先を比較する

持込査定のバイク確かにバイク屋さんに持込査定というバイクの売却方法は従来の売却方法として、今でもバイク売却の中心といえます。

予約不要だし気が向いたときにフラッと持ち込んだりできるのがメリットです。

けど正直なところ、車種によっては他の売却先の方がずーっと高額で査定されたり、売却できるケースもあるものです。

で今回はバイク屋さんの持込査定すべきバイク、他の売却先で売るべきバイクといった視点から、各売却先を比較・検討してみましょう。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

店頭で販売できるバイク屋さんの持込査定は査定額の上限が高い

まずバイク屋さんの持込査定で高額になりやすいバイクはご存知でしょうか??

これに関してはハッキリしていて、持込査定で高額になる可能性の高いバイクとは「最新のバイク」「人気車種」の類なんです。もちろん理由もハッキリしています。

まず最新の車種について。新車ディーラーに優先的に卸される最新の車種は、タマ数が不足しているケースも多く中古バイク販売店としては店頭に在庫したいけど、入庫できないって場合あります。

やっぱりバイク屋さんとしても、いつ頃のバイクなのか分からないようなバイクだけ在庫するよりも、バリエーションの面でも最新のバイクも多少は在庫しておきたいものなんです。

なので販売されて間もない最新のバイクを持込まれたら、多少は無理してでも買取したいった思うわけですね…結果として高額になりやすいってことなんです。

次は人気車種について。

まあ人気車種はバイク屋さんの持込査定じゃなくても、バイク買取店の出張査定だろうがヤフオクだろうが高額になるのは間違いありません。

しかしバイク屋さんの持込査定がおすすめな理由は非常にシンプルです。

バイク屋さんは買取したバイクを自分で点検・整備して費用をかけずに自分の店舗に並べて販売するわけです。つまり無駄なコストがかかっていません。おまけに人気車種だから通常、店頭に並べて一ヶ月もしない間に購入されるのは知っています。

それに比べば、バイク買取店も査定額は悪くありませんが、バイク買取店の売却先は所詮は業者オークション。つまりエンドユーザーに売却するバイク屋さんの店頭販売価格とはぜんぜん違って業者価格なんですね。

つまり売却先が違うことから、出せる査定額の限界も違うってこと。確実に高額で売却できる人気車種はバイク屋さんの方が査定額が高いケースが多いのはこういった理由なんです。

 

ヤフオクで売却すべきバイクとは

ヤフオク等のネットオークションの強みは、全国のマニアックなユーザーに直接アプローチできること。

つまりマニアックなユーザーの好む希少車や限定車種なんかは他の売却先より高額になる可能性が大きいかなあと感じています。

例えば80年台~90年台前半に多く生産されていた2ストレーサーレプリカなんて車種、当時は街中に溢れていましたが、今では状態の良いそーいったバイクは数少ないためにマニアはこぞって探しています。

とくに88とか89年式の限定のロスマンズカラーのホンダNSR250Rとか、後方排気のヤマハTZR250Rなんて状態の良いタマが非常に少ないんです。

なので自分の愛車をまずはネットオークション等で相場を調べて、高額で取引されている場合は、まずネットオークションに出品するなんて方法も悪くありません。

ただし出品作業や落札者との取引は意外と面倒くさいものです。大した高額になりそうもない車種の場合、手間ばかりかかってバイク屋さんの持込査定よりも安かった…なんて悲惨なケースもあるので注意。

ヤフオクでバイク売却についてはこちらのサイトもご参考にどうぞ!

>>ヤフオクでバイクを売却を徹底解説

様々な車種に強いバイク買取の専門店

スマホやネットから申し込んだら、無料で査定に足を運んでくれるのがバイク買取の専門店の最大のメリット、とにかくバイクを動かす必要ないので非常に楽なので僕も最近じゃこの方法が中心です。

でバイク買取の専門店で売却すべき車種とはどんなバイクなのでしょうか?

…単刀直入にいって、ここまで紹介してきた売却方法で高額になりづらいバイク全てといえます。

つまり最新バイクでも人気車種でもない、おまけに希少車や限定車種でもないといった普通のバイク。

正直、こーいったバイクはバイク屋さんでも高額になりづらいし、もちろんヤフオクでも同じ車両が沢山出品されているので思いの外安く終了しちゃうんです。なのでバイク買取の専門店がおすすめといえますね。

バイク屋さんも結局は販売店舗の面積も関係して、すぐに成約しそうもないバイクは正直なところ入庫したくないんですね。だって売れないバイク仕入れても不良在庫になるだけですからね。

つまり半年とか売れないリスクも考えて安ーく査定されちゃうんです。もう本当に売れないと半年どころか1年経っても売れませんからね(笑)

その点バイク買取店は違います。買い取りしたバイクはすぐにメンテナンスして業者オークションに販売します。つまり在庫せずにどんなバイクでも確実に現金化できるわけです。

まあその辺りの違いもあって普通のバイクでも強気で査定できちゃうんでしょうね。

 

持込査定の方も事前に無料査定だけはうけておくべき!

それに持込査定を検討している人も、持込査定の前にバイク買取の専門店で査定してみることも決して無駄じゃありませんからね。

最近じゃバイク王に追いつけ追い越せで、多少無理目の金額でも思い切って査定しちゃうバイク買取店も増えてきたようです。

下手すりゃ最新バイクでも人気車種でもバイク屋さんより高いって考えられますよホント(汗)

もちろん査定は無料なんで、持込査定の前に交渉材料をゲットする意味でも試しに1つ2つで査定しておくことをオススメしておきます。面倒くさがって後で後悔しても知りませんからね(笑)

参考までに最近の高額になりやすいバイク買取の専門店を以下にまとめておきます。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

バイク持込査定と出張査定のメリット・デメリットとバイク王ダイレクトの感想

持込査定に向かう大切な愛車を売却するにも、出張査定のバイク買取店舗やレッドバロンのような中古バイク販売店での持込査定という選択肢がある。

いったい、どちらの方が高額査定をゲットできるのだろうか…と悩まれる方も多い。

というか当ページをご覧の方はすでに悩まれているのかもしれないが、結果からいわせてもらえば、そういった議論に答えなど無いと思う。

当サイトでは以下のページでも詳しく解説しているが、バイク売却においてベストな店舗など完全ケースバイケースなのだ。

→持込査定と他の売却先を比較する

人間と人間の相性があるのと同様、バイクと買取側には相性というものがある。

どんなに高額査定と評判の店舗で査定したところで、相性が合わなければ高額査定どころか最低ラインというケースさえある。

つまり愛車の売却先選びとは、愛車と相性の合う店舗を探すことにに他ならないのだ。裏を返せば相性の良い売却先が見つかれば自然と高額査定に落ち着くものだ。

バイク買取店舗でも中古販売店でも愛車と相性の合った売却先であればどちらでも十分な金額で売却できるはずだ。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

バイク買取店舗と中古バイク販売店のメリットとデメリット

当ページのユーザーさんの中には、バイク買取店舗の出張査定とバイク販売店での持込査定のメリット・デメリットを理解されていない方もいるかと思う。

念のため簡単に説明しておこう。

基本的にバイク買取店舗の出張査定とはバイク王やバイクランド、バイクワンといった実店舗を持たずに(拠点はあります)買い取り専門の業者のことである。

実店舗を持たないこれらは、売却手段を持たない。つまり業者オークションに出品することで利益を生み出す。

一方、お馴染みの中古バイク販売店の場合は買取した車両を自分の店舗でメンテナンスして店頭に並べて販売する。基本的に業者オークションを仲介していない。

そこでメリットとデメリットが生じることになる。

バイク買取店舗の場合は、業者オークション相手なので確実に売り捌けるが、売却金額はそれほど高額にはなりえない。

一方、中古バイク販売店の場合は業者オークションでなくエンドユーザーさんに直接の販売が可能である。つまり最終価格で売却できる。

しかし買い手が見つからない場合は在庫になるというリスクもある。ゆえにリスクを考えて査定額が低くなりがちだ。

 

バイク王ダイレクトショップの特徴とお勧めの理由

当サイトではバイク買取店舗、そして中古販売店での持込査定でのメリット、デメリットについて何度も述べてきた。

簡単にいってしまえば、どちらにしても必ずメリットとデメリットという側面があるということだ。

だがここ数年、そういった2つの選択肢とは別の、第三の選択肢も登場したようだ。

これは、ある意味バイク売却先選びのファイナルアンサーといえるかもしれない。

少なくとも先日足を運んだ@VANTIはそう感じたので以下に詳しくまとめておくので参考にしてもらいたい。

 

バイク王ダイレクトショップは買取店と販売店のいいとこどり

バイク買取店舗の場合、売れ残りの心配が不要なのでどんな車種でもある程度の査定額になるのがメリット。

一方、確実に買い手がみつかるような人気車種や定番車種の場合、バイク買取店舗よりも高額査定を提示できるのが中古バイク販売店のメリットなのだ。

そんな両社のメリットだけをいいとこどりしたのが、ここ数年、バイク買取業界でも話題のバイク王ダイレクトをはじめとしたバイク買取店舗の直営店舗だといえるかもしれない。

先日、管理人の@VANTIも足を運んだバイク王ダイレクトを例にすれば、このバイク王ダイレクトに持ち込まれたバイクの大半は、バイク王の買取部門が、全国各地で買取した車両ばかりなのだ。

基本的に業者オークションに放出する車両が多いものの、中には業者オークションよりも自社で売却した方が確実に利益の大きな車両もでてくる。

またユーザーさんからすれば、業者オークションを経由して各バイク販売店に並んだ車両よりも何割か安く購入できるというメリットもある。つまり買取側、購入側にとってウィンウィンな関係である。

とはいえ、車種やジャンルによってはダイレクトショップで売れ残るような場合も多々ある。そんな場合は業者オークションに出品すればいいので不良在庫という心配もない。

つまり車種やジャンルによって販売ルートを選べるので、どんな車種や状態でも積極的に買取できるのが最大のメリットといえるだろう。

 

バイク王ダイレクトの査定額は?

相談そんなバイク王ダイレクトが気になった管理人の@VANTIは、先日郊外にできたバイク王ダイレクトに足を運んで様子をみてきた。

写真を見ていただければお分かりだと思うが、看板にバイク王という文字がなければ、正直、買取専門店のバイク王の店舗だとは思えないほどしっかりとしたバイクショップである。

よくあるバイク買取店舗の拠点のようなちっぽけな店舗でなく、レッドバロン級の大型販売店に近いものだ。

そして店頭に並べられた中古バイクを物色したが、ジャンルに若干の偏りこそみられたが、車体価格は一般的な中古バイク販売店よりもやや安いように感じられた。

これは自社で買取した車両を自社で点検・整備して直営店で販売しているからだと思われる。

そして気になる買取時の査定額についてもせっかくなのでお伝えしておきたい。

正直なところすぐに手放す予定でもないが、長期的に考えて売却するであろうカワサキのW400で乗り付けたこともあって、そのままW400を査定してもらったが、決して安い査定額ではなかった。むしろ@VANTIの想像以上の査定額に若干驚かされたのが本音である。

もちろんすぐに売却する予定でない事も、売却の際は他の店舗でも査定をうける趣旨も伝えたが、査定担当のメカニックの方も嫌な顔ひとつせず感じよく査定を済ませてくらた。非常に好感のもてるスタッフだった。

もちろん今回のW400に関しては、その他のバイク買取店舗では査定を受けていないので何ともいえないが、おそらくそう安い査定額ではないはず。

基本的に買取マニュアル等は同じはずなので、もし愛車を売却したいけど出張査定は気が引ける…という場合、気軽に持ち込めるこの手のダイレクトショップは非常に有効な手段といえるだろう。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

レッドバロンやソックスに持込んで査定額が安い理由とは

持ち込まれたバイク大切に乗ってきた愛車だからこそ冷静に判断できない場合もある…これはバイク売却においてありがちな話だ。

本人としては惚れ込んで購入した大事なバイクである。もちろん大切にメンテナンスも続けてきたので年式の割に程度も良好…。

そんな場合、実際に提示される査定額以上を期待してガックリするオーナーさんも多いようである。

GooBikeなんかで愛車の中古販売価格などを参考にし、勝手に査定額を想像しているオーナーさんも実際に査定の現場では多くみられる。

だが往々にして、売却先の査定額はずっと安いのが現実だ。

そもそもオーナーさんの愛着がどれほどあろうが査定にはさほど影響するものではない。実際に査定額に影響するのは愛車の年式や状態、人気や中古市場でのニーズや希少性…その他の部分で決まるのだ。

残念ながら、単純に本人が考えているほどの価値が無かっただけの話である。少々厳しい言い方になってしまうが、売却先もボランティアではない…当然の判断だといえる。それが嫌なら高額な売却先をみつけるしか打開策はない。

 

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

レッドバロンやソックスに持込んで査定額が安かった場合の対処法

Motorcyclesそういった事情を考えても、レッドバロンやソックスに持込んだものの、思ったような査定額を提示されなかった…とガックリするケースも普通のことかもしれない。

上述したように、レッドバロンやソックスで買取後、店頭で販売する最終的な価格から利益や諸経費を差し引いたのが査定額である。残念ながら最終的な販売価格が予想より安かった…と諦めて売却するのも悪くはないかと思う。

だがレッドバロンやソックスに持込査定する前に、充分にリサーチや下準備は行なったのだろうか?愛車の取引相場を調べて臨んだのだろうか?

もしこういった一連の下準備を行なった上で査定額が安かったのなら、査定額を素直に受け入れるべきだろうが、下準備を怠っていたのなら話は別だ。

そもそもレッドバロンやソックスの持込査定で提示された査定額も怪しいものだ。どのバイク店でも下準備無しで持ち込まれた場合は高額査定など不可能に近い。

そうでなくとも査定額の厳しいレッドバロンやソックスの持込査定だ。持ち込む前にしっかりと戦闘準備をすべきなのはバイク買取業界では周知の事実である。

もしレッドバロンやソックスで安い査定額を提示された場合、一度冷静に持込前の下準備と、やずべき行動を見つめ直してもらいたい。必要であれば仕切り直してもう一度持ち込むことも覚悟してもらいたい。

 

バイク店に持込査定の前にやるべき2つの下準備

売却前の下準備当サイトではこの部分に関して何度か説明しているので、詳しくは個別ページで確認してもらうとして、ここでは簡単に持込査定前の流れを述べるにとどめたい。

まず、レッドバロンやソックスを検討しているしていないは別として、愛車を売却することが決定した時点でやるべき事は愛車の状態の把握とメンテ、そしてバイク買取店の無料査定の申込み。この2つである。

いくら愛車に愛着があろうとも大切なのはバイクの状態。本当に愛着のあるオーナーさんの場合は常日頃からメンテナンスが施されているので不要だが、念の為にもう一度愛車の状態を見直してもらいたい。

そこで出費の無い不具合はすべて潰しておきたい。もちろん部品交換やショップに持ち込むような修理は必要ないが、最低限、査定当日にエンジンがかかり吹け上がりや異音の確認ができるようにしておく。これは基本である。

次はバイク買取店の無料の出張査定の申込み、この部分も意外と最終的な査定額に影響を与えるので手を抜いてはいけない。

申込む売却先については@VANTIがあれこれ説明する気はないが、査定相場を知るための出張査定という目的なら大手の知名度のあるバイク買取店から選んでおきたい。

というのも、その後に他の売却先で持込査定した場合、査定スタッフやメカニックに与える影響がまったく違うからである。

中小の無名なバイク買取店の査定額には反応しないメカニックも、さすがにバイク王やバイクランド、バイクワン…といった有名バイク買取店の査定額を持ち出されたら無視はできない。場合によっては利益度外視で上乗せするケースもありうる。

他にも細かい下準備はあるが、@VANTIとしては最低限、上記の2つの下準備くらいは行なってからバイク販売店に持込んでもらいたいと考えている。
click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

レッドバロンやソックスのキャンペーンも活用する

レッドバロンのキャンペーン最後に補足的なことを少し説明しておくと、レッドバロンやソックスでは常時キャンペーンを実施しているので、そういったキャンペーン内容を事前にリサーチして把握しておくことも肝心なことだろう。

例えばレッドバロンなら「他社の査定額より3万円アップ」というキャンペーンが常時実施中のようである。平たくいえば「バイク買取店の査定額よりに3万上乗せします」といったキャンペーンという意味である。

バイク王を始めとした大手のバイク買取店によって、これまで持ち込まれていた中古バイクが激減したレッドバロンが対抗策として始めたの由来なようである。

もちろん、こういったキャンペーンを活用できれば予想以上に高額な査定額になるケースもある。キャンペーンの名目上、他社で査定しなければ利用できないものだが、せっかくなら事前に幾つかのバイク買取店で査定を受けておきたいところだ。

もしキャンペーンを利用する方は、最高額の査定をしたバイク買取店の査定スタッフに名刺をいただいておくか、査定票をもらっておくように。何らかの証拠が無いことにはレッドバロンも上乗せできないはずである。

一方、バイカーズステーション・ソックスの場合は@VANTIの知る限りフェアトレード80といったもの。これはソックスで販売中の同車種の車両価格の80%で査定するといった新しい試みだ。

正直、だから高額査定になるのか…というと微妙な気もするが、最低限、持込む前にどの程度の金額なのかという判断材料くらいにはなるはず。当然ながら車両の状態によって大幅に減額もあるのであまり期待はしない方が良いというのが@VANTIの見解ではあるが…。

バイクの持込査定どこがいい?査定の高い売却先考察

査定はどこがいいのか…当サイトとはじめ、バイク売却に関する情報サイトをいくつか運営しているおかげで、ここ1~2年ほどでバイク売却の相談が増えたように感じる。

それだけバイク売却方法が複雑になり、売却予定のオーナーさん本人では判断できない状態になった…ということなのかもしれない。

もちろん@VANTIの経験からできる範囲でベストなアドバイスをするよう心がけているが、少々返答に困ってしまうのが「バイクの査定はどこがいい?」といった類の曖昧な相談だ。

オーナーさんとしてはもっとも知りたい部分なのかもしれないが、こちらも無責任に特定の店舗をお勧めすることなどできないので即答しかねてしまう。

バイク売却の仕組みそのものは非常にシンプルといえるが、毎回同じ店舗が高額査定といえるほど単純なものでもない。

本来は「バイク◯◯に持ち込めば高額ですよ…」とアドバイスできれば親切だろうが、そうもいかないのがバイク買取のリアルな部分なのだ。

 

売却先を教えるよりも売却先選びの方法を教える

相談ちなみに@VANTIが上記のような相談を受けた場合、残念ながら特定の一社はお勧めするような事はない。

その代わりに高額査定ゲットの流れ、そして実際に@VANTIがお世話になっているバイク売却先のいくつかを紹介するように心がけている

Click→そんな時に@VANTIが紹介する高額になりやすい売却先とは?

有名な言葉に「魚を与えるよりも魚の釣り方を教えよ」というものがあったと記憶しているが、まさに言葉通りである。

新しい販売店や買取店といったバイク売却先が登場しては消えてゆく中、お勧めの売却先を紹介したところで、一度状況が変われば途端に通用しなくなるのだ。

だったら具体的な売却先なんかよりも、状況に合わせたベストな売却先選びのスキルを身につけた方が遥かに有効といえるだろう。

そこで@VANTIとしては「バイク査定はどこがいい?」といった感じの相談を受けた際は、必ず査定申込み相手の選び方、そして流れを説明している。

 

バイクを売るなら持込査定!という先入観を捨て去る

バイク査定中愛車を売却予定のオーナーさんの多くは、「どこに持込めば査定が高いのだろうか…」と既に持込査定に決めつけているケースが多いようだ。

たしかにひと昔前までのバイク売却といえば、街道沿いのバイク販売店に乗り付けて査定を受ける…近所のバイクショップに持ち込んで買取ってもらう…というのがお決まりのパターンであった。

だがこの十年を考えた場合、すでにバイク販売店への持込よりも、バイク買取専門店を利用した出張査定がバイク売却のメインストリームに台頭しているのだ。

もちろん今後もバイク買取専門店の勢いはおさまらないはずだ。完全にバイク買取店の時代が来るのもそう遠くない…と@VANTIは睨んでいる。

そういったバイク買取店を無視して「どこに持込めばいいのか…」とお悩みの方には、まずは出張査定という選択肢について詳しく説明をするようにしている。

一切無料で出張査定してくれる事、実店舗を持たない営業スタイルのために販売店よりも強気の査定額が提示できる事、基本的に在庫という概念がないので、不人気車でも不動車でもカスタム車でも関係なく的確な査定額を提示できること。

こういったバイク買取店のメリットを理解した上で、敢えて中古バイク販売店に持込みたいというオーナーさんがいれば、それはそれで一向に構わない。むしろ自分の直感を信じて売却先を選ぶ勇気を讃えたい。

 

バイク査定はどこがいいのか? @VANTIの経験から辿り着いた結論

バイク買取店申込みさて今回のテーマである「バイク査定はどこがいいのか?」という疑問における、@VANTIなりの結論を以下にまとめておくので参考にしてもらいたい。

当然ながら主観的な部分も大きいので、あくまで一個人の辿り着いた結論…という感じで参考にしてもらえれば幸いだ。

もちろんこの方法が誰にとってもベストな売却方法というわけではないので自己責任で試していただきたい。

まず売却を決めたら、何はさておき売却先候補を選んでもらいたい。

この場合の売却先候補は持込査定を前提とした販売店ではない。出張査定のバイク買取店の方である。

店舗数は自己判断にお任せするが、基本的に競合店舗が競い合うことで上昇するという査定額、一社でも多くの査定を受けたほうが高額になるケースが多い。

@VANTIの場合、大概は3店舗くらいは申込むように心がけている。もちろん売却する車種やジャンルによっても3店舗は入れ替わるはずだ。

以下にお勧めの店舗を掲載しておくが、この辺りの店舗から選んでおけば規模や評判的にも申し分ないかと思う。何も考えたくない場合は、そのまま以下の3店舗に申込んでもそう安くなることはないのは保証できる。

Click→他店舗の査定額よりも高くなるケースの多かった売却先一覧

そこで複数店舗で査定を受けて、最高額の査定を提示した店舗に納得できればそのまま売却。もし納得できないならば、この時点で販売店の持込査定をチラつかせるのだ。

あくまで「チラつかせる」という感じでレッドバロン等の店舗名を挙げても構わない。実店舗に持込むことをチラつかせると結構な確立で査定額が上乗せされるのは経験済みである。

これ以上の査定額アップは無理…と感じたら試してもらいたい。

この上乗せされた金額が、現時点での査定の上限といえる。実際に実店舗に持ち込んで査定したところでそれ以上の金額は無理…となるパターンも多いので@VANTIとしては、手打ちである。実際に持ち込んで査定といった手間を考えた場合、その金額で売却した方が手間も時間も節約できる。

という流れが、愛車を最高額で査定してもらう理想的な流れといえる。

車両の状態や査定スタッフの出方によって微妙に変わってくるだろうが、本筋としてはこういった流れで進めば高額売却につなげることが可能だといえる。ぜひ試してもらいたい。