バイク持込査定の前にやっておくべき準備と用意

準備中のバイク

細かい部分はこれからゆっくりと各ページで説明していきますが、まず持込査定で売却する場合、バイクに関する準備と書類や手続き上の準備ってあります。

その部分はまず売却が決まったらすぐに準備しておくといいかもしれませんね。以下に書く準備方法をご紹介しておきます。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

手続きや書類の準備

これに関しては個人売買やネットオークションでの取引じゃないんで、実は大した準備は必要ありません。バイク屋さんに持込査定の場合に限っていえば「バイクの登録書類(車検証)」「自分の身分証明書」「できれば印鑑(無くても可)」ってところでしょうか。

ケース・バイ・ケースで他人のバイクや、名義変更されていない名義人の違うバイクになると、別途それに応じた書類が必要となってきます。

 

バイクの準備

普段から洗車が趣味の人の人っていますよね?もう乗っている時間よりも洗車して眺めているのが趣味ってタイプ。

…そーいった人ならとくに準備する必要ありませんね、多分キレイな状態だしメンテナンスも行き届いているでしょうから。

逆に乗ったら乗りっぱなしという人、バイクなんて乗ってなんぼだから、動きゃいいんだよ!ってタイプ。こーいった方はね、まずバイクを洗車して愛車の状態をチェックしながら各部を磨いてあげるといいでしょうね。

まず洗車によって各部の排気漏れやオイルの滲み、外装であればカウルやタンクの小さな塗装の剥がれといった部分に気がつくはずです。

それ、そのまま放っておいたまま持込査定したらどうなると思います??

まず間違いなく減額ポイントとして査定額から思いっきりマイナスされちゃうんです。もうバイク販売店のメカニックやバイク買取店の出張査定スタッフは、そーいった部分を探すプロなんです。

少し言い方が悪くなっちゃいますが「そーいった減額ポイントをいかに多く発見して、それっぽく減額できるかどうか」が優秀な査定スタッフかどうかの違いなんですね(爆)

 

いかに減額される部分を減らしておくか…

ですからそーいった減額ポイントになる原因は未然に取り除くこと。もちろん磨いてキレイになる方が少なくとも外装関係の評価はアップします、それにファースト・インプレッションもいいでしょうからワックス等で磨く余裕があればやっとくと意外と印象いいかと思いますよ。

で、修理や部品交換が必要な不具合もあるかと思います。それについては他のページに詳しく載せておきまが、大きな費用がかかる部分は思い切ってスルーしちゃうのも手です。

バイクの車種別の売却方法はこちらのサイトを参考にしてください→バイク売るならどこ?バイク買取情報局

 

 

持込査定の最大の準備は、相場を知っておくこと

レッドバロンの店舗でこここから本題に入ります。バイク持込査定でもっとも大切な準備や用意について。

ここまで説明してきた、バイク売却の書類や手続きの準備、そしてバイクの状態を洗車しながらチェックして不具合を改善しておくこと。

まあこれらも大切な準備といいえば準備ですが、やっぱり高額で売却したいんだったら持込んで査定する売却先選びだったり、持込査定の前に他の売却先で参考までに軽く査定しておくことが大切なんです。

…簡単にいえば高く査定してくれる売却先に持込むこと。

そして交渉時に比較対象を用意して査定額を上げるために、事前に他の売却先でザックリと査定しておくこと。

 

相場を知らなきゃ査定スタッフにも不純な気持ちが…

普通に考えれば分かるでしょうが、比較対象といえる査定額の無いお客さんに、バイク販売店のメカニックもわざわざ高額査定なんてするはずありません。

…顔はニコニコしていいても、心の中では「この人、愛車の相場とか知んなそーだから思いきって相場の半値くらいでいってもイケんじゃね??」とか確実に考えてますからね(爆)

なのでそーいったメカニックに不純な気持ちを起こさないようにも、比較対象となる査定額を用意して持込査定するのが基本中の基本。まあ最低1社では査定しておきましょうね。

余裕があれば2つ3つで査定しちゃってもいーんです、無料なんだから。

個人的にはバイクを持込査定で売却するときの、もっとも査定額を効率よく上げる方法がこの部分かなあと実感してますね。

というか無料の査定を受けておくだけで持込査定の時に5万、10万簡単に上がることあるので非常にコスパの高い方法というわけ。

以下に持込査定の前に査定しておく時に便利な比較対象をゲットする、バイク買取店をまとめているのでぜひ愛車に合った店舗を選んで無料査定しておくといいかもしれませんね。

あっちなみに自分は交渉には自信あるから大丈夫!って方いますが、バイク買取店の査定スタッフの話じゃ、そーいった交渉が得意そうなお客さんがもっとも買い叩きやすいそーです(笑)

逆にもっとも買い叩けないお客さんは「幾つかの売却先で査定しちゃってて、既に相場を知っているお客さん」ということです、参考までに!

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧