他人のバイクでも持込んで査定できるのか?

他人名義のバイクバイク店に持ち込んで査定する方の多くは、自分の愛車の売却という方がほとんど。

しかし訳あって他人名義のバイクを持込んで売却するって場合もあるもんです。例えば友人から譲り受けたバイクを面倒だったので名義変更せずに乗り続けていた…、実家に放置された息子さんのバイクを本人に代わって売却…」そういったケースですね。

この場合、結果として自分名義のバイクと同じように査定して売却できますが、自分名義の愛車の場合と微妙に必要な書類がかわってくるので注意が必要かもしれません。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

 

他人名義のバイクを持込む前に用意すべき書類

まず自分名義の愛車を持込査定する場合に必要な、愛車の車検証や登録書類、そして身分証明書、できれば印鑑といったものはもちろん他人名義のバイクでも同じく必要となってきます。

で、他人名義のバイクの場合に必要な書類というのは、シチュエーションによってかわってきます。大きく分けて「他人から譲り受けたけど名義変更がなされていない場合」そして「あくまでも名義人の代理として売却する場合」という感じです。

 

他人から譲り受けたが名義変更したいないバイク

原付きや税金の安い125cc程度のバイクに多いのが、こちらの単純に名義変更を行っていなかったパターン。

この場合、基本的には譲渡証明書とよばれる書類と名義人の身分証明書のコピー等を用意しておけば査定がスムーズに進みます。

これはどういった書類かといえば、名義人があなたにバイクを譲渡したことを認めるための書類。

したがって名義人本人による署名捺印が必要、つまり本人に会って記載してもらうか郵送等の何らかのアプローチが必要です。

ただ名義人とすぐに連絡のとれる状態ならいいかもしれませんが、音信不通といったケースもあります。その場合、当然譲渡証明書なんて用意できませんよね…しかし心配はいりません。

バイク販売店やバイク買取店の方は買取するためには様々な手段を用意しているもの。譲渡証明書が用意できなくとも、登録書類さえあればどうにかして買取してくれる業者が一般的です。

というわけで、名義人とどうしても連絡がとれない状況という方は、まずはバイク屋さんに持込む前に、その点を相談しておくといいかもしれませんね。

 

名義人に代わってバイクを持込む場合

これは家族や友人・知人のバイクを頼まれて名義人以外の人が持込んで売却するケース。

この場合も基本的には登録書類やあなたの身分証明書、印鑑、さらに代理人として売却するための委任状や名義人の身分証明書のコピーといった書類が必要となってきます。

委任状についても譲渡証明書と同じです。名義人の署名捺印が必要なため、事前に名義人と会って記載してコピーを取らせてもらう…もしくは遠距離の場合は郵送してもらってもよいかもしれません。

譲渡証明書にしても委任状にしても、最悪は用意できずとも何らかの方法で買取は可能だといわれています。しかし手間がかかってしまうこと、または売却が決まっても代金の支払いが遅れてしまう場合も考えれます。

わざわざ書類を用意するのも面倒な気もしますが、買取側のバイク屋さんやバイク買取店としては盗難バイクを買取ってしまったら大事です。最低限、こういった確認は必要なことなんです。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

 

他人名義のバイクを持込んで売却する場合は足元をみられやすい

バイク店の店内

ここからは他人名義のバイクを売る場合のちょっとしたコツをお話しておきたいと思います。

バイク販売店に持込査定、またはバイク買取店に申込んで出張査定…どちらにしても他人名義のバイクを売却する場合、普通に自分の愛車を持込査定した場合よりもずーっと安く査定されちゃうケースが多いんです。

これ何でだか分かりますか??

これって「他人名義のバイク=相場も価値も把握していない」とか「他人に売却を頼まれたバイク=買取金額は自分のお金にならない」といった事が、査定スタッフやメカニックに見透かされているからなんです。

そもそも自分でバイク販売店に足を運んで悩んだすえに購入したバイクに比べ、他人から譲り受けたバイクの場合、やっぱり愛車に愛着の無い方って多いと思います。

もう酷いパターンだと、とりあえず足として乗れるバイクだから譲り受けて乗っていたので年式も定価もわからない…とかね。なので愛着もなければ愛車の相場なんかも知らない方が多いのは事実。

…だから買取側からみれば非常ーに安く買取りやすいお客さんなんです(笑)

そして同じく家族や友人、知人に頼まれて売却に持ち込まれたバイク…正直このパターンなんてもっとも安く買い叩けます(爆)

だって代理で売却している人はバイクの相場なんて知らないわけですから、査定スタッフやメカニックがそれっぽい事を説明してしまえば、「そんなもんかなぁ。じゃその金額で」となるわけです。

ましてや買取りした代金はきっと名義人に渡すわけじゃないですか。つまり持込んでくれた人にとっちゃ高く売却できようが安かろうが大した問題じゃないんです。つまり高額査定に対して貪欲じゃない状態…こんな人がもっとも足元を見られやすい。

 

他人名義のバイクこそ、事前に無料査定で相場を知っておく

というわけで他人名義のバイクを売却するときは、相手も安い査定額で吹っかけてくるケースが多いので注意が必要でしょうね。なので事前に幾つかのバイク買取店で無料の査定を受けて愛車の相場を調べておいた方がぜーったいに高く査定してもらえます。

大手のバイク買取店なら普通は無料で出張査定に来てもらえます。こういった無料査定を利用して愛車の相場を持込査定の前にリサーチしておくこと。

これだけで随分と高く査定されるはず…というか足元を見られるって事はないはずですからね。いくら他人名義のバイクでもせっかく売却するなら本来の価値で売却しないとハッキリって損です。

で、少しでも高額で買取りしてもらって代理で売却した人だったら、たんまりと手数料を貰っちゃいましょうね(笑)

 

売却先選びのもっと詳しい情報はこちらの記事を参考にしてください→バイク売却研究所(お勧めの売却先選び)