バイクを持込査定の前にチェックする具体的な部分とは

持込査定に向かうバイクを持込査定する前にしっかり愛車を洗車、ついでにバイクの状態をチェックしておく事で、無駄に査定時の減額ポイントを減らすことができます… ということはこちらのページで説明しました。

とはいえバイクに詳しい方もいれば、まったく詳しくないって方もいますよね?例えばオイル交換すら自分でやった事の無い方もいれば、普通に自宅でスイングアームとか交換しちゃう人もいるもんです。

そこでバイクに詳しく無い方のために、そーいった持込査定の前に愛車をチェックしておくべきポイントを幾つか選んで紹介しておきますね。

とりあえず持込査定でやっておきたい基本中の基本だけ紹介しておきます。

あっもちろん工具や設備の無い人はやる前にできるかどうか自分で判断して下さいね。下手に自分でやって壊しちゃったりするケースもあるし、怪我しちゃうパターンもあります。

始める前によく考えてから始めてくださいね。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

 

まず動かない状態じゃ高額査定は期待できない

バッテリーチェックというか愛車が動かないって場合もあるかと思いますが、基本的に動かない状態じゃ持込査定そのものが厳しい状態ですよね。

自走できなきゃトラックかトランポのようなワンボックスカーを用意しなきゃバイク屋さんに持ち込めません…なので最低限、エンジンが始動してバイク屋さんまで走行できる状態なのかをチェックしましょう。

で例えばエンジンが始動しない場合、これは乗ってないのが原因であれば十中八九、バッテリー上がりが原因なはず。とりあえず他のバイクがあればブースターケーブルを繋いでエンジンがかかるか確認しておきましょう。

その時に、もしエンジンが始動したなら単純にバッテリーの問題なんで、ガソリンスタンドやバイク販売店で充電してもらうこと。

中古でも何でも交換できれば交換しちゃった方が間違いありませんが、売却予定という場合は充電だけでも問題ないかと。つまりバイク屋さんに持ち込んで査定のタイミングでエンジンが始動できれば問題ありません。

 

エンジンがかからない場合、プラグ不良も!

もしブースターケーブルを繋いでもエンジンが始動しない…その場合は次にスパークプラグを確認しておきましょう。

スパークプラグはエンジンによって1つ~4つあるわけですが、きっと幾つか、もしくは全部のスパークプラグの状態が良くないって可能性あります。

スパークプラグの発火部がカブっている、焦げている、溶けている…といろいろなケースがありますが、もう状態の悪いスパークプラグは交換しちゃった方がいいでしょうね、安いものですから。

スパークプラグを交換してもエンジンが始動しない…その時はキャブレターに異物が詰まっていたり、エンジン内部のピストンや他の部分に問題がある可能性もあります。

残念ながらこんな時は修理して売却してもそれだけ評価されることありませんから、そのまま査定した方がいいかもしれませんね。

もちろんどこまでも自分で修理できる方は自己責任でどうぞ!ただし部品交換に費用がかかるって場合は、やった分だけ高額になることは無いので、費用のかからない範囲というのは忘れずに!

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

外装を中心に洗車して磨き上げる、純正部品に戻すだけでも!

準備中のバイク確かに持込査定の前にバイクの状態を改善しておけば、それだけ減額されずに高額査定になるケースが多いかもしれません。

しかし最悪なのは手間をかけて修理や部品交換を行ったのに、思ったほど査定額が上がらないケースも少くありません。なので経験上、ほどほどに手をかけて持込査定に臨んだほうがいいかなあといった感じもします。

なので下手に修理や部品交換を考えるなら、傷や破損部分は諦めて、外装のカウル類やタンク、ホイール等の足回りをスッキリ綺麗に洗って磨き上げるだけでも十分に印象アップにつながります。

 

やっぱりどノーマルは査定が高くなる!

また、なんだかんだ言ってもカスタムされたバイクよりも、どノーマルのバイクの方が人気があります。ちゃんと純正部品を保管している人は事前に純正部品に戻してどノーマルにできるだけ戻しておく。

それだけでも持ち込まれたバイク販売店からみれば、買取したくなるバイクに近づくというもの。

下手に一部だけ修理してしまうと、その部分だけ浮いてみえるケースもありますよね…そーなると査定スタッフやメカニックとしても大きな事故でも隠しているのでは??と変に勘繰ってくるものです。

なので多少の傷や破損部分はそのままって方が好印象といった場合もあるので、あんまり気にしない方がいいかもしれませんね。