バイクの持込査定で高い査定額をもらうための下準備

持込査定に向かう愛車を高額で売却したい…バイクを手放すオーナーさんであれば誰だってそう思うはずだろう。そこでレッドバロンやソックスといった大手のバイク買取店、または近所のバイクショップに出向く方が多いかと思う。

だがちょっと待ってもらいたい。持込む前に充分な下準備は済ませたのだろうか?

というのもバイクの持込査定というもの、根本的に高額査定に持ち込むことは難しい…というのが@VANTIのたどり着いた結論である。

過去に20台近くのバイクのうち、半数の10台は少なく見積もっても中古バイク販売店に持ち込んでいるのは間違いないが、そのうち納得できる査定額を提示されたのはたったの1~2台である。

結局は査定額に満足できず、買取専門店に売却するケースが大半であった事を考えても、平均的な査定額が低いと言わざるをえないかと思う。

 

持込査定なら予備知識と下準備は必須事項

売却前の下準備そんな最初から査定額の厳しい持込査定に臨むなら、然るべき下準備や予備知識で武装しておくのは必要不可欠というものだ。

いきなり中古バイク販売店に愛車を持込むなど、バイク買取業界の常識から考えた場合、どう考えても負け戦である。

もちろん持込査定そのものを否定する気は毛頭ない。

というのも、車種や状態、販売店のニーズと愛車がマッチすればそれなりに高額査定になる可能性も充分にあるためだ。

大切なのは、オーナーさんが中古バイク販売店に持込むべき車両とそうでない車両を判断できるかどうか…という問題である。以下に持込むべき車種や状態については解説するが、どんなバイクでも事前に行うべきい下準備は必須かと思う。

わかりやすい例でいえば、持込む前にバイク買取店の出張査定を受けて愛車の査定相場を知っておく…というのも大事な下準備といえるだろう。

やはり持込査定の交渉という戦場に向かうには丸腰はあまりにも危険である。最低限、取引相場の金額や最高査定額といった交渉材料となる武器を用意しておくに越したことはない。

そこで手っ取り早く準備するには無料の出張査定が最適だと@VANTIは考えている。参考までに査定すべき売却先の候補といえる店舗を以下に紹介しておきたい。

もちろんここが絶対に1番!といった無責任な発言はできないので各自公式サイトを確認して愛車とマッチした売却先を探ってもらいたい。もちろんキャンペーン情報や買取強化中の車種は必ずおさえておきたい。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

持込査定を利用すべきバイクの車種とそうでない車種

査定前のバイクさて持込査定の特性と持込査定前の心構えに関しては納得してもらえたかと思う。

で、ここからは持込査定を利用すべきバイクについての考察を行いたい。

この部分には諸説あるかと思うが、結論からいってしまえば「中古バイク販売店にとって都合の良いバイク」が持込むべき車種というのが@VANTIの結論である。

少々曖昧な表現となってしまうがこれは紛れもない事実である。

中古バイク販売店にとって都合の良いバイクは確実に高額査定されるし、都合の悪いバイクは思いの外安く査定される。これは経験上ハッキリしている。

では具体的な話に入る。

中古バイク販売店にとって都合の良いバイクとは、簡潔にいえば「確実に買い手がみつかる車種」や「最短で買い手がみつかる車種」さらに「売却後にメンテナンスやクレームの不安のない車種」ともいえる。

というのも、バイク買取店が買取したバイクの大部分を業者間オークションに流出するのと違い、中古バイク販売店の場合は自分の店舗で販売することになる。

 

早く確実に買い手がみつかる車種

やはりもっとも怖いのは不良在庫というリスクだ。それなりの査定額で買取したバイクの買い手がみつからない状況は1番困る。期間が長ければ車検も切れるし外装も機関も劣化が進む。

買取側とすれば1日でも早く買い手がみつかるようなバイクが理想なのである。

もちろん買い手がみつからない状況でも販売スペースには限りがある。つまり他のバイクを入庫するスペースも減ってしまう。こうなってしまえば負のスパイラルに突入である。売れないバイクばかりが店頭を占拠し、本来売りたいバイクを入庫できない。最悪のパターンだ。

 

売却後にメンテナンスやクレームの不安のない車種

またバイクの状態の話であれば「ハードにカスタム済みのバイク」もリスクが高い。

マフラーや足回りをグレードアップした程度のライトカスタム車両であれば査定額アップの可能性も無くはないが、ハードにカスタム済みのバイクは売却側にとってハイリスクである。

というのも3,000kmとか購入から半年間…といった保証期間というものがある。この期間にトラブルが生じれば当然ながら店舗側の無料修理や無料部品交換という可能性もある。とくに純正部品と違い、カスタム済みバイクはどこに不具合が生じるか予想がつかない面もある。

上記のタイプのバイクに関しては、中古バイク販売店にとって避けておきたい車両なのは間違いないだろう。つまり査定を断られる事はないだろうが、高額査定は期待できないと考えておこう。

上記のバイクに関しては高額査定が厳しいので他の売却先を探してもらいたい。

click→査定額が安定して高めなバイク買取店一覧

 

中古バイク販売店に持込むべきバイクとは

バイク売却の方法しかし裏を返せば、入庫してから一定の期間内に買い手がみつかるバイクなら充分に高額査定の可能性もあるというのも事実といえる。

例えば現行モデルで人気が高く中古市場でも見つかりにくい車種、販売されて間もない最新の車種、他にも定番とよばれる流行に左右されないバイク。この手のバイクは確実に買い手がみつかるために販売店も強気で査定するケースもある。

自分の愛車と相談し、この手のバイクの可能性が多少でもあるならば遠慮せずに持込査定してもらいたい。余談にはなるが、本気で中古バイク販売店が査定した場合のパンチ力は相当なものである。

そもそも業者間オークションに出品でなくエンドユーザーに直接販売できるのが中古バイク販売店の強みだ。業界価格でなく最終的な車両価格から査定額を算出することができるので、査定額の上限としてはバイク買取店よりも間違いなく高いといえる。

もちろん事前に以下のようなバイク買取店で査定しておくのは大前提だが、その手のバイクオーナーさんの場合、時間的な余裕があるなら持込んで査定してみる価値は充分にある。

click→@VANTIの選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧